一夜干し魚を焼くと、身がほぐれてしまい上手に焼けない時がよくあると聞きます。
かれい
上手に焼くポイントは、
中火か弱火でじっくり焼くこと、魚をかえすのは、焼き上がりを10とすれば、はじめから8割ほど焼き
(表面に少し焦げができるほど)
魚をかえし2割で焼き上げてください。
途中何度もかえそうとすると、身がほぐれてしまうことがあります。
カレイの頭の部分とヒレの部分と尾の部分を、包丁かハサミで切ってから焼くと焦げずにきれいに焼けます。そしてふんわりとした焼き上がりで、食べやすく、見た目もいいような気がします。
又、魚の頭・尻尾の焦げやすい部分だけをアルミホイルなどで保護してみてください。
カレイは皮が薄いので焦げやすい魚です。適当な焦げ目をつけながら、焦がさないように焼くのがポイントかと思います。
冷凍物は冷凍のまま焼いてください
はたはた
お勧め商品
(旬のカレイ販売中)エテカレイ一夜干⇒商品
ハタハタ一夜干⇒商品